監修 なぎさなおこ

なぎさ なおこ

株式会社フードコミュニケーション
代表取締役・食育料理家
【経歴】
青森県八戸市在住。病気予防をコンセプトにした野菜中心の家庭料理が人気の「なぎさカフェ」オーナーシェフ。食育料理家。
2014年、料理本のアカデミー賞とも呼ばれる「グルマン世界料理本大賞」ウーマンシェフ部門で世界2位を受賞。
新聞での食育コーナーでの連載や、料理塾主宰、企業や地域の魅力を引き出すレシピやメニューの開発、飲食店のプロデュース、食育講座の講師として全国各地で活動中。ラジオやTV番組に多数出演。
料理だけではなく食事のコミュニケーションを重視した講座は、3歳から80代までと幅広い年齢層に支持され、開校10年で受講生はのべ3万人を越える。

【所持資格】
・調理師
・食養指導士

【著書名】
・キッチンであそぼ!(経済界)
・なぎさたべもの塾(デーリー東北出版)

監修記事 新着20件

就職や仕事の役に立つ!食や料理に関する資格を紹介します!
食や料理に関する資格は非常に多くあります。資格を取得することで知識や技術が身につき、仕事や就職・転職に活かせるおすすめの資格を紹介します。
食育アドバイザーとは?活かせる場面や資格取得方法について解説します!
食育アドバイザーは、食に関する知識と健全な食生活を実践するスペシャリストを証明する一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)が認定する民間資格です。人々に食の大切さと必要性をアドバイスできる証明となります。
食育実践プランナーとは?資格取得方法や活かせる仕事について解説します!
食育実践プランナーは、家庭において健全な食生活を実践するための知識や技術を身につけた証明となる民間資格です。一般社団法人日本味育協会が資格認定し、ユーキャンが講座開講しています。
食や料理に関連する資格とは?おすすめや人気の資格を紹介!
食や料理に関する資格は非常に多くあります。資格取得することで知識や技術が身につき、健康や美容など日々の生活に役立ったりします。おすすめや人気の資格を紹介しています。
介護食アドバイザーとは?活躍の場や資格取得方法について解説します!
介護食アドバイザーは、高齢者に合わせた介護食作りのスペシャリストを証明する資格です。一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)と東京カルチャーセンターが認定する民間資格であり、仕事や家庭など幅広く活かせます。
幼児食インストラクターとは?取得メリットや資格取得方法について解説します!
幼児食インストラクターは一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)認定の民間資格で、幼児食に関する幅広い知識を持つスペシャリストの証明です。子どもの成長に合わせた献立の工夫や病気・食物アレルギーの対処法などを学びます。
食生活アドバイザー(R)とは?試験情報や資格取得の魅力などを解説します!
食生活アドバイザー®とは、健康な生活を送るための提案ができる食生活全般のスペシャリストを目指す資格です。幅広い仕事や家庭に活かすことができ、独学でも資格取得を目指せます。
食育とは?食育の重要性や学ぶメリット、家庭での実践例などを紹介します!
食育とは生きる上での基本であり、「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得することで、健全な食生活を実践できる力を育むものです。心身の健康につながりますので、早いうちから食育を実践することがおすすめです。
介護食とは?食事の種類や資格について解説します!
介護食とは、高齢者など介護が必要な方へ対し、栄養や食べやすさなどを考慮したうえで提供する食事のことです。 食べ物を噛む力や飲み込む力に合わせて、調理・食事を提供する必要があります。
幼児食とは?年齢別の幼児食のポイントも解説します!
幼児食は、離乳食からより大人の食事に近づいていくために、年齢や体の成長に合わせて用意する期間の食事のことです。使う食材や調理方法だけでなく、食事をすることの大切さや、食事時のマナーなども教える重要な時期にもなりますので、子育てのなかでも重要なポイントともいえます。今回はおもに年齢や時期によっての特徴や、気をつけるポイントなども解説していきますので、はじめての子育てなどで幼児食についてお困りの方は...
タイトルとURLをコピーしました